建築紛争予防,工事請負代金のトラブル防止(類型と対応),建築瑕疵によるトラブル拡大の防止,契約書作成に先立ち着工せざるを得ない場合の紛争予防策等の建築分野専門のコンサルティング

少額の工事代金の回収について

【少額のリフォーム工事代金債権の回収について】

お客さんから数万円のリフォーム工事代金が支払われず,泣き寝入りをしたことはありませんか?

弁護士に頼むと割に合わないし,かといって煩雑な裁判手続を自らやるのは荷が重い。そんな業者さんが大多数です。

では,どうすればよいか?

少額訴訟か支払督促を会社自ら行うことです。

ではとちらがよいか?

支払督促は,施主さんが何ら異議を出さなければ,こちらの言い分どおりの金額で決まるというメリットはありますが,結局,施主さんの財産を差し押さえる必要があり,弁護士費用がかかります。

そこで,施主さんが裁判所に出廷する機会を設ける,少額訴訟をお勧めしています。

工事代金総額60万円までという限定はありますが,1回きりの裁判ですし,その場で和解が成立すれば,工事代金を回収できる可能性が高まります。

なお,顧問先企業には,工事請負代金請求訴訟(少額訴訟)の書式を公開し,スムーズに手続が行えるよう助言しています。